メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

坂東玉三郎が越路吹雪を歌う 共に生きてきた名曲 東京、大阪で「愛の讃歌」など

=菅知美撮影

 希代の歌舞伎女形、坂東玉三郎さんが、日本屈指のシャンソン歌手で昭和の大スター、越路吹雪を歌うスペシャルコンサートを開く。その歌声と出合って半世紀、「ずっと一緒に生きてきた」と表現するほど越路を敬愛する玉三郎さん。かつて魅了されたような豪華で夢のようなステージを届けたいという。

 1965年日本初演のミュージカル「王様と私」を観劇したのが、越路の舞台に通うきっかけだった。東京・日生劇場で毎年開催された1カ月公演「ロングリサイタル」で、越路は海外デザイナーによるオートクチュールのドレスに身を包み、欧米の歌を自在に歌いこなした。玉三郎さんは、エディット・ピアフの生涯を描いた「ドラマチックリサイタル」が印象深いという。「当時、あれだけの舞台を作ったのは尊敬に値する。宝塚を退団して東宝に入り、劇団四季と組んだ時代もあった。彼女から舞台人としてどう生きていくかを勉強しました…

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文966文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  4. 中国、日本に新型コロナの検査キット提供 「ウイルスとの戦いに国境はない」

  5. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです