特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

名人戦順位戦A級 史上初、6人プレーオフ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

稲葉八段、羽生竜王、広瀬八段、佐藤康九段、久保王将、豊島八段

 佐藤天彦(あまひこ)名人(30)への挑戦者を決める第76期名人戦A級順位戦(毎日新聞社、朝日新聞社主催)の最終11回戦5局が2日、静岡市などが後援して同市葵区の浮月楼で行われ、首位を走っていた久保利明王将(42)と豊島将之八段(27)がともに敗れて6勝4敗となった。最終局に勝った稲葉陽(あきら)八段(29)、佐藤康光九段(48)、豊島に勝った広瀬章人八段(31)と、この日対局がなかった羽生善治竜王(47)が両者と並び、6人による挑戦権をかけたプレーオフが行われることになった。

 名人9期の羽生、同2期の佐藤康以外は、全員初の名人を目指す。史上初の6人によるプレーオフは順位下位から、久保と豊島が4日に大阪市福島区の関西将棋会館で戦い、勝者が佐藤康と対戦。その後、広瀬、羽生、稲葉と続くトーナメント方式で行われる。

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文908文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集