メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

静岡・伊豆沖の米イージス艦衝突

米艦乗員ら、月内にも書類送検 下田海保

コンテナ船と衝突し、右側面が大破した米軍のイージス駆逐艦=静岡県下田市沖で2017年6月、本社ヘリから

 静岡県伊豆半島沖で昨年6月、米海軍のイージス艦とフィリピン船籍の大型コンテナ船が衝突し、米兵7人が死亡した事故を巡り、下田海上保安部が今月中にも、イージス艦の当直担当者ら両船の関係者を業務上過失往来危険と業務上過失致死傷の容疑で静岡地検に書類送検する方向で調整していることが2日、捜査関係者への取材で明らかになった。【古川幸奈、酒井祥宏】

 事故は2017年6月17日未明に発生。米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)配備のイージス駆逐艦「フィッツジェラルド」と、大型コンテナ船「ACXクリスタル」が衝突し、当時19~37歳の米兵7人が死亡するなどした。

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文712文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 漫画「鬼滅の刃」が完結

  3. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  4. 北九州市、再び分散登校へ 市立小中5校で12人の児童生徒感染

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』スピンオフ短編、ジャンプに掲載へ 炎柱・煉獄の新たな物語

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです