メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自転車

世界選手権 トラック種目 男子ケイリン 河端、ラスト一気 日本勢25年ぶりメダル

 【アペルドールン(オランダ)共同】オランダのアペルドールンで開かれている自転車トラック種目の世界選手権で、男子ケイリンの河端朋之(日本競輪選手会)が2位に入った。日本自転車競技連盟によると、同種目での日本勢のメダル獲得は25年ぶりの快挙だ。

 河端は最終周回で一気にギアを上げ、後方から追い上げた。最後の直線で2位に躍り出てゴール。今季の日本勢の躍進を強く印象づける銀メダルに「ここで表彰台に立てたのはすごくうれしい」と白い歯を見せた。

 昨年12月には脇本雄太(日本競輪選手会)がチリで開催されたワールドカップ(W杯)で日本勢14年ぶり…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 千曲川決壊、過去最大の水量による水圧 越水も重なる 台風19号

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです