メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブルキナファソ

武装集団、仏大使館と陸軍本部を襲撃

襲撃現場から立ちのぼる煙=ワガドゥグで2日、ロイター

 【ヨハネスブルク小泉大士】西アフリカ・ブルキナファソの首都ワガドゥグで2日、武装集団がフランス大使館と陸軍本部を同時に襲撃し、兵士や警備要員少なくとも8人が死亡、80人以上が負傷した。サハラ砂漠南縁部のサヘル地域を拠点とする国際テロ組織アルカイダの分派「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ」(AQIM)による犯行の可能性が浮上している。

 AFP通信は複数の治安関係者の話として、陸軍本部だけで少なくとも28人が死亡したとの情報があると報…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 安倍首相公式ツイッター、ローマ教皇と誤り別のアカウントを拡散

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです