シリア

「停戦」後も避難進まず 人道危機が深刻化

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
空爆で負傷した人々を運ぶ市民ら=シリアの東グータ地区で1日、民間防衛隊「ホワイトヘルメッツ」撮影の映像からAP
空爆で負傷した人々を運ぶ市民ら=シリアの東グータ地区で1日、民間防衛隊「ホワイトヘルメッツ」撮影の映像からAP

 【カイロ篠田航一】シリアの首都ダマスカス近郊にある反体制派支配地域の東グータ地区で、ロシアが提案した1日5時間(午前9時~午後2時)の時限停戦が2月27日に始まって以降も住民の避難が進まず、人道危機が深刻化している。在英民間組織・シリア人権観測所などによると、アサド政権軍は28日に地上部隊を投入し、本格的な制圧作戦を開始。避難用車両が安全に検問所を通過できる状況ではなく、住民からは「既に停戦は有名無実化した」との怒りの声も聞かれる。

 「攻撃が怖いので外に出たくない。停戦のニュースは聞いたが、住民は誰も信じていない。医薬品や食糧が不足している。とにかく助けがほしい」

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文830文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集