メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

感謝状

橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

森署長から感謝状を受け取った大谷さん(右)=岐阜県警岐阜中署で2018年3月1日、沼田亮撮影

 自殺を図ろうとした50代の女性を説得して命を救ったとして岐阜市雲井町のダンスインストラクター、大谷光葉さん(31)に、岐阜中署から署長感謝状が贈られた。

 大谷さんは1月23日午後9時10分ごろ、岐阜市のダンススタジオから車で帰宅途中、千鳥橋(同市日野)の隅に人影のようなものを見た。初めは人とは思わなかったが「もし人だったらどうしよう」と不安がよぎり、車をUターンさせて近くを通過すると、女性が橋の欄干に足をかけ、10メートル以上下を流れる長良川に飛び降りようとしていた。

 すぐに携帯電話から110番。車を止めて橋に近づくと女性の姿はなかった。「まさか落ちたのでは」。最悪…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文679文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 小中学校 進む熱中症対策 登下校時、プール…新たな課題も

  3. 116歳で世界最高齢の女性へ記念品 敬老の日に福岡知事

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. かべちょろ 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです