メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出店

障害者が靴磨き「革靴をはいた猫」初の固定店 京都

笑顔で靴磨きをする藤井店長(右)ら=京都市中京区で2018年3月1日、礒野健一撮影

 障害者スタッフによる出張靴磨き会社「革靴をはいた猫」(京都市伏見区)が、初の固定店舗を京都市中京区亀屋町の御池通り沿いに出した。魚見航大社長(24)は「さまざまな人をつなぐコミュニティーの場としても育てていきたい」と意気込んでいる。【礒野健一】

 龍谷大の学生団体で障害者雇用に関わる活動をしていた魚見さんが中心となり、昨年3月に起業。大学や企業を対象に靴磨きの出張サービスをするほか、イベントへの臨時出店も重ねてきた。

 いつか対面式の店を持ちたいと考えていたところ、昨年秋に中京区で写真プリント店を経営する奥田茂晴さん…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文550文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです