メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自然保護

「屋久島うみがめ館」年末解散 人員減「限界」

ウミガメの産卵数を調査するスタッフ=NPO法人屋久島うみがめ館提供

 鹿児島県屋久島でウミガメの保護に取り組むNPO法人「屋久島うみがめ館」(屋久島町永田)が、人材不足を理由に今年12月末で解散することになった。鹿児島市で2日に記者会見した大牟田一美代表(68)は「活動に終止符を打つのはつらいが限界がある。今後は行政や関係機関が本腰を入れて保護に取り組んでほしい」と話した。【田中韻】

 屋久島ウミガメ研究会として1985年に発足し、2001年にNPO法人化した。世界有数のウミガメ産卵…

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 四国から東日本、23日にかけて大雨の恐れ 台風20号接近 警戒呼び掛け

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです