メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民栄誉賞

基準あいまい 首相の政治判断大きく

平昌五輪フィギュア男子フリーで演技する羽生結弦選手=韓国・江陵アイスアリーナで2018年2月17日

 安倍晋三首相は2日、平昌冬季五輪フィギュアスケート男子の金メダリスト、羽生結弦選手に国民栄誉賞の授与を検討するよう指示した。実現すれば2012年末の第2次安倍内閣発足後、7人目になる。ただ、対象者を選ぶ基準はあいまいだ。時の政権には浮揚効果への期待も透ける。

 羽生選手はけがを克服して同種目で66年ぶりの五輪連覇を果たした。さらに、菅義偉官房長官は2日の記者会見で「かつて仙台を本拠地に活動し、東日本大震災による被災を乗り越えた」と説明。震災から間もなく7年を迎えることも考慮したとみられる。

 国民栄誉賞表彰規程は、賞の目的を「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があ…

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文776文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
  2. 暴行容疑 演説中の市議殴打、大学生逮捕 愛知・豊橋
  3. 米山知事 進退判断の経緯判明 支援政党離れ「辞めます」
  4. 福井豪雪 セブン50時間休めず 経営夫婦、本部に要請認められず
  5. 岐阜経済大 岐阜協立大に来春名称変更

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]