メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民栄誉賞

基準あいまい 首相の政治判断大きく

平昌五輪フィギュア男子フリーで演技する羽生結弦選手=韓国・江陵アイスアリーナで2018年2月17日

 安倍晋三首相は2日、平昌冬季五輪フィギュアスケート男子の金メダリスト、羽生結弦選手に国民栄誉賞の授与を検討するよう指示した。実現すれば2012年末の第2次安倍内閣発足後、7人目になる。ただ、対象者を選ぶ基準はあいまいだ。時の政権には浮揚効果への期待も透ける。

 羽生選手はけがを克服して同種目で66年ぶりの五輪連覇を果たした。さらに、菅義偉官房長官は2日の記者会見で「かつて仙台を本拠地に活動し、東日本大震災による被災を乗り越えた」と説明。震災から間もなく7年を迎えることも考慮したとみられる。

 国民栄誉賞表彰規程は、賞の目的を「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉をたたえる」と定めており、首相が対象者を選ぶ。首相官邸幹部が「基準はあってないようなもの」と認めるように、実際の選考は首相の判断によるところが大きい。

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文776文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 海王星に猛毒青酸ガスの帯 赤道付近の上空 東大研究チームなど発見

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. 宇宙新時代 スター・ウォーズが現実に? 衛星破壊、ISS無断接近…戦闘領域化する宇宙

  5. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです