首相

「適切に対応」旧優生保護法下の不妊強制問題

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
参院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=国会内で2018年3月2日午後2時14分、川田雅浩撮影
参院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=国会内で2018年3月2日午後2時14分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は2日の参院予算委員会で、旧優生保護法(1948~96年)のもとで障害者が不妊手術を強制された問題について、国会で救済の動きが出ていることを踏まえ「関係省庁で協議し、適切に対応していく。今後の動きを注意深く見守っていきたい」と述べた。公明党の魚住裕一郎氏の質問に答えた。

 一方、政府は2日、立憲民主党の逢坂誠二…

この記事は有料記事です。

残り50文字(全文212文字)

あわせて読みたい

ニュース特集