メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR各社

新幹線に無料無線LAN導入急ぐ 訪日客に対応

5月から順次無料ワイファイが導入がされる東北新幹線

 JR各社が、新幹線への無料の公衆無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」の導入を本格化させる。2020年の東京五輪・パラリンピックを見据え、訪日外国人観光客のニーズに応えるのが狙い。日本人も利用でき、ビジネス客らの利便性向上も期待される。新幹線は訪日客の利用が多い一方、他の交通機関に比べ無料サービスが遅れており、JR各社はサービス向上を急ぐ構えだ。

 JR東日本は5月から、東北、北陸、秋田新幹線で無料の公衆無線LANのサービスを始める。もともと今年夏の導入を予定していたのを前倒しする。約36億円かけて車両を改修し、来年5月までにすべての車両で使えるようにする。これに加えて山形新幹線は19年度中、上越新幹線も20年度までに全車両でサービスを導入する。

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文897文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです