メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京税関

意匠権侵害物品の輸入差し止め、前年比25倍増

輸入を差し止めた侵害物品例=東京税関資料より

 東京税関は2日、管内(6都県と成田空港)の2017年知的財産侵害物品の差し止め状況を発表した。知的財産の輸入差し止め実績は、前年比22.3%減の19万2611点だった一方で、このうち商品デザインなどを不正コピーした「意匠権侵害物品」の差し止め点数が前年比で25倍増の5万5355点に上った。中でも、米国大手IT企業のデザインを模倣したイヤホンの差し止めが目立った。

 輸入差し止めの主な内訳は▽ブランドバッグなどの商標権侵害物品10万4671点(前年比27.9%減)▽意匠権侵害物品5万5355点(同2510%増)▽特許権侵害物品2万588点(同77.9%減)--などとなっている。

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  3. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  4. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです