名人戦

三浦九段が残留 渡辺棋王ら降級

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
A級順位戦最終局で駒を並べる三浦弘行九段(左)と渡辺明棋王=静岡市の浮月楼で2018年3月2日午前8時49分、藤井達也撮影
A級順位戦最終局で駒を並べる三浦弘行九段(左)と渡辺明棋王=静岡市の浮月楼で2018年3月2日午前8時49分、藤井達也撮影

 佐藤天彦(あまひこ)名人(30)への挑戦者を決める第76期名人戦A級順位戦(毎日新聞社、朝日新聞社主催)の最終11回戦5局が2日、静岡市などが後援して同市葵区の浮月楼で行われ、一昨年10月に起きた将棋ソフト不正使用疑惑で約3カ月の出場停止処分となった後、不正はなかったと判断されて復帰した三浦弘行九段(44)…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文388文字)

あわせて読みたい

注目の特集