メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年

液状化被害の久喜で植樹計画 復興願い桜の接ぎ木 /埼玉

「日本花の会」の田崎満さん(右)に接ぎ木を教わる中学生

 東日本大震災で地盤の液状化被害に遭った久喜市南栗橋地区で3日、地域の復興を願って桜の接ぎ木が行われた。被災者らが桜を植樹する計画に取り組む「静桜里親の会」(田村栄子会長)などが主催し、復興の思いを未来に託そうと、地元の中学校2校の生徒15人も参加。苗木が順調に成長すれば、今秋以降に植樹する。

 同会は昨年9月、被災者でつくる「南栗橋復興の会」を母体に発足し、地区内の畑を借りて苗木の育成を試みてきた。植樹を目指す品種は、市にゆかりのある静御前にちなんだ「シズカザクラ」で、花びらが一重と八重に交じったように見える特徴がある。栗橋地区の活性化を進める「栗橋地域会議」も植樹を支援している。

 この日は、公益財団法人「日本花の会」(東京都港区)で研究員を務める田崎満さん(48)が、接ぎ木の方…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文830文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  3. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです