メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年

液状化被害の久喜で植樹計画 復興願い桜の接ぎ木 /埼玉

「日本花の会」の田崎満さん(右)に接ぎ木を教わる中学生

 東日本大震災で地盤の液状化被害に遭った久喜市南栗橋地区で3日、地域の復興を願って桜の接ぎ木が行われた。被災者らが桜を植樹する計画に取り組む「静桜里親の会」(田村栄子会長)などが主催し、復興の思いを未来に託そうと、地元の中学校2校の生徒15人も参加。苗木が順調に成長すれば、今秋以降に植樹する。

 同会は昨年9月、被災者でつくる「南栗橋復興の会」を母体に発足し、地区内の畑を借りて苗木の育成を試みてきた。植樹を目指す品種は、市にゆかりのある静御前にちなんだ「シズカザクラ」で、花びらが一重と八重に交じったように見える特徴がある。栗橋地区の活性化を進める「栗橋地域会議」も植樹を支援している。

 この日は、公益財団法人「日本花の会」(東京都港区)で研究員を務める田崎満さん(48)が、接ぎ木の方…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文830文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

  3. 南海トラフ地震津波確率 和歌山、高知など5メートル以上「非常に高い」 初の推計発表

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです