メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

信州取材前線

ストーカー問題 加害者に治療促す 警察、医療の連携期待 /長野

 ストーカー事案増加を受け、全国の警察では、ストーカー規制法に基づく警告を受けるなどした加害者の執着心を取り除こうと、精神科医の治療を促す取り組みを2016年度に始めた。県警でもストーカーの加害者に医療機関を紹介し、実際に受診に至ったケースがあったという。県内の精神科の男性医師は「加害者が自ら病院を訪れることはほとんどない。県警が医療機関へ誘導することで良い連携をとれるのでは」と期待する。【安元久美子】

 この医師の元にストーカー加害者が患者として訪れたのは、2000年ごろまでさかのぼらなくてはならない…

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1039文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

  5. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです