メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆

被爆留学生に献花 アジアの官僚ら、捕虜調査・森さんと /広島

慰霊碑の前で南方特別留学生について森重昭さん(左)から説明を受けるマレーシアの国防省官僚ら=広島市中区で、竹内麻子撮影

 インドネシアなど東南アジア9カ国の外務省官僚ら約30人が3日、広島を訪れた。被爆死した米軍捕虜の調査をした森重昭さん(80)と交流し、アジア諸国から日本に招かれた「南方特別留学生」が広島で被爆したことを知らされ、慰霊碑に献花した。

 広島訪問は、人材育成を目的とする国連訓練調査研究所(ユニタール・本部スイス)広島事務所の研修の一環。

 8歳で被爆した森さんは、約40年前から会社勤めの傍ら独自の調査を続け、米軍捕虜12人の被爆死を明ら…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文674文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. 携帯大手3社、値下げ肩すかし 楽天参入遅れで

  4. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

  5. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです