メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真展

地域おこし協力隊員として最後の 等覚寺の人と自然を紹介 大阪市出身・3年前移住、藤田紫さん 苅田町 /福岡

7月で任期満了、以後も住み続け「来年以降は違う形で続けたい」

 苅田町の地域おこし協力隊員、藤田紫(ゆかり)さん(39)=大阪市出身=が、3年前に移住した同町等覚寺(とかくじ)地区を支える人たちを紹介する写真展「協力隊 紫 FINAL 天空の守人(もりびと)」を町立図書館で開いている。7月で任期満了となる藤田さんにとって協力隊員として最後の写真展だが「来年以降は違う形で続けたい」と話している。7日まで。入場無料。【荒木俊雄】

 藤田さんは平尾台中腹にある等覚寺の自然や人情などが気に入り、公募で2015年8月に着任。同地区で住…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文670文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです