メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊資料、現存2割のみ 25道府県の3596人分 毎日新聞調査

 毎日新聞は、旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制された障害者らの個人名や手術理由を記した資料の保存状況を調べるため、全47都道府県を対象にアンケートと聞き取り調査を行った。資料が確認されたのは25道府県の計3596人(3日現在)分で、旧厚生省などの統計で強制手術を受けたとされる1万6475人の22%にとどまった。このうち全員分が残っていると推定されるのは千葉、和歌山、奈良、鳥取、長崎の5県。東京や大阪など残る22都府県は「現存しない」と回答した。(3面に「旧優生保護法を問う」)

 同法下での強制不妊手術をめぐっては、超党派の国会議員連盟が6日に東京で初会合を開き、救済の在り方に…

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文1035文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 焦点 人選に官邸の影 NHK新会長に前田氏

  3. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  4. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  5. ORICON NEWS のん、片渕須直監督の“脅し”に戦々恐々「気合い入れてね、と…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです