メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

これからの地域経営 多様な人材どう生かす=元総務相・増田寛也

増田寛也元氏=宮本明登撮影

 戦後のわが国の地域経営を大きく3期に分けると、第1期は、小中学校の整備や国民健康保険の運営など日本の経済発展を支える基礎的なサービスを担い得る市町村を全国に根付かせた時期である。都道府県や国も一体となって、国土の均衡ある発展を目指して、官中心の経営で高度経済成長を支えた。第2期は、バブルが崩壊した1990年代初頭以降、地方分権(国から地方へ)と規制緩和(官から民へ)の動きの中で行われた経営である。「平成の大合併」が行われ、PFI(民間資金を活用した社会資本整備)などの民間的経営手法が導入された。

 現在は第3期に移行しており、かつて経験したことのない人口減少とグローバル化が進展している。わが国は…

この記事は有料記事です。

残り1438文字(全文1739文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
  2. スポットライト 小池徹平さん 自由のために戦う
  3. 殺人未遂 男性刺され重傷 通り魔の可能性 千葉の路上
  4. 福井豪雪 セブン50時間休めず 経営夫婦、本部に要請認められず
  5. のぞき 「5年間で300回」 容疑で教諭逮捕 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]