メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊手術 資料散逸、救済の壁 「現存しない」8割

宮城県内で強制不妊手術の拠点の一つだった「愛宕診療所」の跡地。現在は駐車場となり面影は残っていない=仙台市太白区で2018年2月23日、岩崎歩撮影

 旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。当事者たちの高齢化が進んでおり、「救済格差」を生まない迅速で公平な取り組みが求められる。

 「手術を受けた人を把握する資料はない」

この記事は有料記事です。

残り2974文字(全文3152文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 「センスある会食を」 特産和紙の扇子で飛沫防ぐ 福井・越前市が配布

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 東京都内で186人の感染確認 重症者10人増え51人 新型コロナ

  5. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです