メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新時代の中国

第3部 全人代を前に/下 校内録画し常時監視 「まるで監獄だ」生徒反発

教室を常時監視するカメラ映像が並ぶ「監視室」のモニター画面。休み時間や放課後も撮影している=中国山西省で2018年1月、河津啓介撮影

 中国山西省にある公立中学校の教頭が、校内の「監視室」のドアを開いた。パソコン数台に全教室の監視カメラ映像が映し出されていた。ある教室を拡大すると、生徒の表情はもちろん、手にする教科書の表題まで判別できた。「24時間撮影で録画を1カ月保管。中国では教室へのカメラ設置は当たり前だ」。教頭はこう説明した。

 中国の教育当局は近年、「安全」「いじめ対策」を理由に監視カメラで校内を全てカバーするよう指導する。…

この記事は有料記事です。

残り1101文字(全文1302文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  4. 沖縄知事選 自民、引き締め躍起 野党「ステルス作戦」
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです