特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 豊島将之八段-三浦弘行九段 第46局の6

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

負ければ敗着

 [先]6三馬の王手後、豊島は[先]5一金の非常手段から竜を抜いた。さらに[先]8一飛の王手から[先]8三飛成と銀を回収する。三浦は手に乗じて、自玉をコンパクトに修復し、2度目の[後]3六桂で反撃に転じた。今更ながらトッププロは、均衡を保つ技術がすごい。時刻は午前0時半。ここに至っても結末が見えない。

 しかし双方残り数分と切迫し、さすがに最善の応酬とはいかなかった。[後]3六桂に対し、豊島は強気に[先]6四桂打と攻め合ったが、ここは冷静に[先]4九金がまさった。以下[後]5六銀[先]5三歩[後]6三銀[先]4六馬。「向こうが絶対に詰まない形なのが嫌だったが、[先]5三歩が打てるなら、こちらを選ぶべきだった」と豊島。

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文768文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集