メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て親子

新1年生、見守りしっかり

ランドセルを背負って通学する小学生たち=東京都内で、塩田彩撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 もうすぐ入学式シーズン。この春、小学校に入学する子どもたちは、大きな生活環境の変化に直面することになる。子どもへの接し方や通学路での安全など、新1年生の保護者ができる対策をまとめた。

 ●尽きぬ心配の種

 東京都内の会社員、伊東佳奈さん(40)は、長男(6)が小学校に入学する。長男は学童保育に通うため、4月以降、長女(4)の保育園と2カ所の迎えをバタバタとこなすことになる。さらに4月上旬は給食がなく、学童保育に持って行く弁当づくりにも追われることに。3月に引っ越しをするため、入学前に長男と新しい通学路を一緒に歩き、慣れさせるつもりだ。入学後の学級閉鎖や友達づくりなど、他にも心配の種は尽きない。「小学校に上がれば子育ても大丈夫と思われがちだけれど、大変なのはここからだって思います」とため息をつく。

 特に共働き家庭にとっては、小学校入学直後からさまざまな「小1の壁」が立ちはだかっている=表。民間学童保育事業を運営するキッズベースキャンプの三沢敦子さんは「各家庭によって仕事環境も地域の子育て支援体制も違う。どんな事態が考えられるのか入学後の動きをシミュレーションして」と話す。

この記事は有料記事です。

残り1727文字(全文2234文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  2. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  3. 和歌山・有田病院 職員87人を新たに検査、全員が陰性 新型コロナウイルス

  4. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  5. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです