メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
今週の本棚・新刊

『母の家がごみ屋敷 高齢者セルフネグレクト問題』=工藤哲・著

 (毎日新聞出版・1512円)

 高齢者が体力の低下や認知症でものを捨てることができなくなり、ごみをため込んでしまう「ごみ屋敷」。この問題の背景を追ったノンフィクションである。

 悪臭で周辺住民との間でトラブルになったり、ごみに引火して火災が起きたりしたとき初めて問題は顕在化する。そうした表層事象の下に何があるのか。著者はごみに埋もれた住宅を訪ねて家人と接触し、こうなるに至った事情を…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文479文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

  2. 支え合う「移民時代」 すでに永住資格を持つ人が100万人 「ニッポン複雑紀行」編集長、望月優大さん

  3. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  4. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

  5. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです