メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『定点観測・釜ケ崎<増補版>』=中島敏・編

 (東方出版・7560円)

 「日本最大の日雇い労働者の街」という枕言葉付きで語られがちな、大阪市の釜ケ崎(あいりん地域)。1920~70年代(主に60年代)に撮影されたこの街の写真と、94年、2017年の同じ場所の写真を並べた写真集だ。

 現在は、日雇い労働者の高齢化が進んで、生活保護受給者が多い「福祉の街」である。労働者が暮らしてきたドヤ(簡易宿泊所)は、受給者向けの福祉マンションにな…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文485文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです