メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『津島佑子 光と水は地を覆えり』 著者・川村湊さん

川村湊さん

 ◆著者・川村湊(かわむら・みなと)さん

 (インスクリプト・2808円)

互いに近くの道を歩いていた

 本の帯には「作家を最もよく知る著者」とある。一昨年亡くなった作家、津島佑子さんについて、文芸評論家の著者が書いた文章のほぼ全てを収めた。後期の小説を中心に、おおむね新しいものから順に論考を並べている。初の本格的な「津島佑子論」といえる。

 「これだけ水準の高い長編小説をよく立て続けに書いたと思います。一作書き上げても満足して休むことなく、常に次の腹案があった。特に晩年は筆力が旺盛で、本当に小説が好きだったんでしょうね」。作家の仕事ぶりに、改めて驚嘆の言葉を述べた。

この記事は有料記事です。

残り677文字(全文960文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  2. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

  3. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  4. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  5. 新型肺炎感染のバス運転手、山梨に3泊 観光地数カ所回る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです