メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『自民党秘史 過ぎ去りし政治家の面影』=岡崎守恭・著

 (講談社現代新書・864円)

 本書は戦後の自民党長期政権の中、末期を飾った田中角栄、中曽根康弘、竹下登各首相だけでなく政局の舞台回しの黒衣に徹した、田中六助、金丸信両幹事長の伝説的な番記者だった著者が、直接見聞きした政治の現場や修羅場での当事者だった政治家の肉声を記している。

 たとえば、ロッキード事件で有罪判決が出された田中角栄に議員辞職の意思ありや否やを確認するため…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. 元「モー娘。」メンバー、立憲新人の市井氏が比例で落選
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです