長寿県なぜ

/上 滋賀、禁煙啓発が奏功 男性81.78歳、初の首位

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
滋賀県の近江八幡市など5市6町や健康保険団体が走らせている近江鉄道の健康増進ラッピング電車。野菜の摂取や健診を呼び掛けている=滋賀県彦根市で2018年2月27日、本社ヘリから平川義之撮影
滋賀県の近江八幡市など5市6町や健康保険団体が走らせている近江鉄道の健康増進ラッピング電車。野菜の摂取や健診を呼び掛けている=滋賀県彦根市で2018年2月27日、本社ヘリから平川義之撮影

 厚生労働省が昨年12月に発表した都道府県別の平均寿命(2015年)で、男性では81・78歳の滋賀県が初めて1位となった。前回(10年)に男女とも1位だった長野県は深刻に受け止め、今年に入り、滋賀との比較資料を作り対策を練り始めた。各種の統計データや識者の取材に基づき、長寿県の要因や取り組みについて2回にわたって探る。【大島秀利】

 滋賀は元々、長寿県ではなかった。厚労省の統計では長野の男性が1965年以来トップ10に入り続けているのに対し、滋賀は65年に27位で、トップ10入りは00年になってからだった。

この記事は有料記事です。

残り1645文字(全文1900文字)

あわせて読みたい

注目の特集