メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縁の下の誇り

新体操もっと身近に=渡辺守成

 

 どうすれば新体操をもっと多くの人々に楽しんでもらい、理解してもらうことができるのか。そんな思いから新体操の未来を考えるプロジェクトを2月から始めました。過去の成功は決して将来の成功を意味しません。

 多くの国際競技団体(IF)は五輪ごとに規則を変更します。国際体操連盟(FIG)もその一つです。ところが、得てして規則変更はその場しのぎの対応に陥りがちです。新体操もその傾向がありました。

 私がブルガリアに留学し、新体操に関わるようになった1980年代は新体操とは芸術作品そのものでした。…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文969文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 事故 声優の平野綾さんが追突 けがなし 東京
  2. 沖縄県警 県営住宅に女性遺体 打撲痕あり
  3. 古典落語 英・中・韓3カ国語で上演 大阪で28日
  4. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者
  5. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです