メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縁の下の誇り

新体操もっと身近に=渡辺守成

 

 どうすれば新体操をもっと多くの人々に楽しんでもらい、理解してもらうことができるのか。そんな思いから新体操の未来を考えるプロジェクトを2月から始めました。過去の成功は決して将来の成功を意味しません。

 多くの国際競技団体(IF)は五輪ごとに規則を変更します。国際体操連盟(FIG)もその一つです。ところが、得てして規則変更はその場しのぎの対応に陥りがちです。新体操もその傾向がありました。

 私がブルガリアに留学し、新体操に関わるようになった1980年代は新体操とは芸術作品そのものでした。…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文969文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです