メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大相撲 稀勢の里休場 初日から4連敗
縁の下の誇り

新体操もっと身近に=渡辺守成

 

 どうすれば新体操をもっと多くの人々に楽しんでもらい、理解してもらうことができるのか。そんな思いから新体操の未来を考えるプロジェクトを2月から始めました。過去の成功は決して将来の成功を意味しません。

 多くの国際競技団体(IF)は五輪ごとに規則を変更します。国際体操連盟(FIG)もその一つです。ところが、得てして規則変更はその場しのぎの対応に陥りがちです。新体操もその傾向がありました。

 私がブルガリアに留学し、新体操に関わるようになった1980年代は新体操とは芸術作品そのものでした。…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文969文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 入れ墨逆転無罪 若者に流行 識者「時代に即した判断」
  3. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  4. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割
  5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです