メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ゆがんだ磁場

リニア談合事件/上 申告、分かれた判断 「受注調整」認識に差

東京地検と公取委は昨年末、大手ゼネコン4社を一斉に捜索し、談合疑惑の解明に乗り出した。写真は大成建設本社に向かう係官ら=東京都新宿区で12月19日、西本勝撮影

 「この言葉に偽りはないですよね」。2月1日、東京都新宿区の大成建設本社。2度目の捜索に入った東京地検特捜部の検事は村田誉之社長(63)らがいる前で、昨年12月20日に同社が出した投資家向けの文書を示した。「独占禁止法違反容疑で、当局の捜査に全面的に協力します」との文面。別の検事が声高に迫った。「まったく協力してない社員がいるじゃないか!」

 大成建設はリニア中央新幹線建設工事で、最難関とされる「南アルプストンネル」の一部を受注したが、大型…

この記事は有料記事です。

残り1097文字(全文1318文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです