雑記帳

東日本大震災の被災地、岩手県釜石市で3日…

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
思い思いのメッセージを書き込んでたこを揚げた子どもたち=岩手県釜石市の薬師公園で、2018年3月3日、中尾卓英撮影
思い思いのメッセージを書き込んでたこを揚げた子どもたち=岩手県釜石市の薬師公園で、2018年3月3日、中尾卓英撮影

 東日本大震災の被災地、岩手県釜石市で3日、児童・生徒ら35人が平和と古里再生の願いを書いた「たこ揚げ」をした。パレスチナ自治区ガザ地区で毎年開かれている被災地激励のたこ揚げへの恩返し。

 戦闘で荒廃したガザだが、日本の支援で建設された学校の子どもたちが毎年3月、国連機関の主催でたこ揚げをしてきた。今…

この記事は有料記事です。

残り141文字(全文291文字)

あわせて読みたい

注目の特集