メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待ち遠しい

/55 作・柴崎友香 題字・画 赤井稚佳

=画・赤井稚佳

前回までのあらすじ

 春子宅を訪ねてきた沙希は、ゆかりをいじめるな、と言う。五十嵐に会わせようとのゆかりのおせっかいを春子が拒絶して以降、ため息ばかりついているらしい。ゆかりは沙希と拓矢たちを交えた食事会を企画しており、春子も誘われた。

友人の視点、親戚たち

 天気がいいなあ、と春子がベランダで高い空を見上げていると、インターホンが鳴って直美がやってきた。母屋での食事会にお友達もぜひ、とゆかりは森田一家も呼ぶことを提案したのだった。

 春子は直美を二階に上げて、直美が連休の前半に出かけた静岡で買ってきてくれたお茶を淹(い)れた。明斗(あきと)は、孝太郎が近くの公園へ連れて行っていてあとから来るということだった。

この記事は有料記事です。

残り2646文字(全文2951文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・戸田中央総合病院のクラスター、感染者310人に 新型コロナ

  2. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

  3. コロナで変わる世界 国家ぐるみの偽情報にどう立ち向かう? インテリジェンス研究者に聞く

  4. 新型コロナ 世界の死者数200万人超える 3カ月半で倍増 米は最多39万人

  5. 「都構想説明パンフは違法」 大阪市長らに約1億円返還求め住民訴訟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです