引っ越し難民

個人客は特に苦労 業者は分散呼びかけ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
引っ越し混雑予想カレンダー
引っ越し混雑予想カレンダー

 春の引っ越しシーズンに異変が生じている。人手不足で、業者が運転手や作業員を確保できず、依頼に対応できないケースが相次いでおり、繁忙期の3月下旬から4月上旬には転居できない「引っ越し難民」が出る恐れがある。利用者から悲鳴が上がる一方、業者側は「分散引っ越し」を呼びかけている。

 「3月下旬から4月上旬はもう受け付けていません」。夫の転勤で、3月末に鹿児島県から関西に引っ越す30代女性は、2月25日に電話した業者3社から断られた。翌日、前日に電話がつながらなかった業者と連絡が付き、やっと3月末の日程を押さえられた。女性は「転勤族だが、業者探しに苦労するのは初めて」と言う。

 SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上には、業者が見つからない人たちの「1カ月は新幹線通勤かも」「親戚から車を借りて自力で引っ越す」といった悲鳴に似た投稿があふれる。

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文901文字)

あわせて読みたい

注目の特集