メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

引っ越し難民

個人客は特に苦労 業者は分散呼びかけ

引っ越し混雑予想カレンダー

 春の引っ越しシーズンに異変が生じている。人手不足で、業者が運転手や作業員を確保できず、依頼に対応できないケースが相次いでおり、繁忙期の3月下旬から4月上旬には転居できない「引っ越し難民」が出る恐れがある。利用者から悲鳴が上がる一方、業者側は「分散引っ越し」を呼びかけている。

 「3月下旬から4月上旬はもう受け付けていません」。夫の転勤で、3月末に鹿児島県から関西に引っ越す30代女性は、2月25日に電話した業者3社から断られた。翌日、前日に電話がつながらなかった業者と連絡が付き、やっと3月末の日程を押さえられた。女性は「転勤族だが、業者探しに苦労するのは初めて」と言う。

 SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上には、業者が見つからない人たちの「1カ月は新幹線…

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文901文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  4. 鹿児島 老人ホーム 1カ月で6人死亡 県が立ち入り
  5. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです