メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仙北鉄道

車両の図面など100点展示 廃止から50年

展示された仙北鉄道の客車「ハ3号」の図面=宮城県登米市の登米歴史博物館で2018年3月3日、山田研撮影

 廃止から50年になる仙北鉄道登米線をテーマにした企画展「鉄道とくらし2~思い出の仙北鉄道」が3日、宮城県登米市歴史博物館(同市迫町佐沼)で始まった。車両の図面や切符など100点を超える史料や写真などが展示される。

 同線は1921(大正10)年7月、東北線に接続する瀬峰駅(現栗原市)と佐沼駅間で開業。同年10月に登米(とよま)駅までの全28.6キロが完成した。線路幅は762ミリとJR在来線などより狭い「軽便(けいべん)鉄道」だった。住民の足となったが、68(昭和43)年…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文594文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです