メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名人戦

A級初の6人プレーオフ 「順位」の差がカギ

A級順位戦プレーオフの組み合わせ

 佐藤天彦(あまひこ)名人(30)への挑戦者を決める第76期名人戦A級順位戦(毎日新聞社、朝日新聞社主催)は、史上初の6人によるプレーオフにもつれ込むことになった。A級11人の過半数による仕切り直しは、前期の成績順による「順位」の差がカギを握る戦いとなる。

 6人は、豊島将之八段(27)=順位10位▽久保利明王将(42)=9位▽佐藤康光九段(48)=8位▽広瀬章人八段(31)=4位▽羽生善治竜王(47)=2位▽稲葉陽(あきら)八段(29)=1位。全員が6勝4敗で並んだ。

 2日に静岡市葵区の浮月楼で行われた最終11回戦5局。最初に終局し、豊島を降してプレーオフ進出の可能…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文745文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  3. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  5. 堺・大山古墳 調査、一般200人に報告 奈良・宮内庁担当者 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです