メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名人戦

A級初の6人プレーオフ 「順位」の差がカギ

A級順位戦プレーオフの組み合わせ

 佐藤天彦(あまひこ)名人(30)への挑戦者を決める第76期名人戦A級順位戦(毎日新聞社、朝日新聞社主催)は、史上初の6人によるプレーオフにもつれ込むことになった。A級11人の過半数による仕切り直しは、前期の成績順による「順位」の差がカギを握る戦いとなる。

 6人は、豊島将之八段(27)=順位10位▽久保利明王将(42)=9位▽佐藤康光九段(48)=8位▽広瀬章人八段(31)=4位▽羽生善治竜王(47)=2位▽稲葉陽(あきら)八段(29)=1位。全員が6勝4敗で並んだ。

 2日に静岡市葵区の浮月楼で行われた最終11回戦5局。最初に終局し、豊島を降してプレーオフ進出の可能性を残した広瀬は、控室で残り4局の行方を見守った。現地で大盤解説を務めた羽生は解説中に結果を知った。

 プレーオフは順位下位から順番に勝ち上がっていく方式で、前期の順位が大きくものをいう。前期挑戦者だった稲葉は1位で、1勝すれば挑戦決定ときわめて有利な立場。逆に最終日を迎えるまで首位だった久保と豊島は、B級1組から上がってきたばかりで下位におり、5連勝しなければ挑戦できない。最後に対局を終えた久保は「今は先のことを考えられないが、まだチャンスがあるということですね」と語ったが、落差は大きい。

 プレーオフ5局は久保と豊島が対戦中の王将戦七番勝負の日程を縫うように対局日が決まり、3月20日すぎに挑戦者が決まる見通しだ。【山村英樹】

2日の結果(左が勝ち)

広瀬八段(6勝4敗)  93手 豊島八段(6勝4敗)

稲葉八段(6勝4敗)  91手 行方八段(3勝7敗)

佐藤康九段(6勝4敗)103手 屋敷九段(2勝8敗)

三浦九段(5勝5敗) 147手 渡辺棋王(4勝6敗)

深浦九段(5勝5敗) 146手 久保王将(6勝4敗)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 女優・矢作穂香、夜の新宿で魅せた美しさ 体全体で思いを表現
  2. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  3. トランプ氏 私室に招き夕食 安倍首相、親密ぶり強調
  4. ドイツ 首相、長官人事を再協議 支持率急落受け
  5. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです