特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

強制不妊手術

岐阜県、個人記録64人分を開示

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 岐阜県は3日までに、旧優生保護法(1948~96年)に基づく障害者らへの強制不妊手術の適否を判断する県審査会での個人記録64人分を開示した。判断結果が不明の3人を除く61人の手術を決定していたが、てんかん発作を繰り返して自宅で軟禁状態だった12歳の少女や、難聴や言語障害があった28歳女性の手術を決定した経緯などが生々しく記されている。

 毎日新聞の資料閲覧申請に県歴史資料館が関係文書を開示した。県は公文書の大半を廃棄していたが、「歴史資料」として一部が保存されていた。

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文777文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集