侍ジャパン

球が当たらない 千賀、独壇場の6者連続三振

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
6者連続三振に笑顔を見せる日本先発の千賀=ナゴヤドームで2018年3月3日、木葉健二撮影
6者連続三振に笑顔を見せる日本先発の千賀=ナゴヤドームで2018年3月3日、木葉健二撮影

 ○日本2-0豪州●(ナゴヤドーム・3日)

 独壇場の28球だった。先発の千賀(ソフトバンク)は、2回を6者連続三振。「無失点でいこうと思っていたが、それ以上に良い結果」と振り返った。

 オーストラリア打線のバットに、球が当たらない。ようやく当たっても、フェアゾーンには飛ばない。一回、先頭打者は全て直球で押し、149キロの高めを振らせた。続く2番はカットボールで追い込み、大きく、鋭く落ちる「お化け…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集