メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

ホンダのアキュラと日産のインフィニティは? レクサスに続いて高級ブランドを日本に導入しない理由とは

情報提供:カートップ

ブランド自体は導入していないが実質車種展開は行われている

 トヨタの高級ブランド「LEXUS(レクサス)」。1989年にアメリカで生まれ、2005年より日本にも上陸した、という流れはご存じのことだろう。

 そのレクサス、当初のセダンを中心としたラインアップから、いまではトレンドの

SUVも多く揃えるようになっているが、それでも2017年一年間での販売台数は45,605台(自販連調べ)。前年より10%以上ダウンするなど、諸手を挙げて好調といえる状況ではない。

 ちなみに、この台数は規模でいうと輸入車の御三家(メルセデス・ベンツ、BMW、フォルクスワーゲン)を下回っている。レクサスのラインアップや販売店舗が限られているとはいえ、それでもトヨタのビジネスとしては成功しているとはいえない。日本市場で展開して10年経っても、この状態だ。

 レクサスと同時期にアメリカからスタートした日産の高級ブランド「INFINITI(インフィニティ)」や、ちょっと先んじて1986年にやはりアメリカから展開しているホンダの高級ブランド「ACURA(アキュラ)」が、日本導入に二の足を踏んでいるのは、こうした状況もあるだろう。もちろん、各社の市場調査でも同様の結果が出ていることから「インフィニティ」や「アキュラ」の専売店を展開するという判断になっていないはずだ。

 だからといって、各社の高級ブランド相当のクルマまで導入していないわけではない。もともとトヨタがレクサスを国内展開する以前は、そのフラッグシップモデルである「LS」を「セルシオ」という名前で販売するなどしていたが、ホンダでいえば「アキュラ」のフラッグシップサルーン「RLX」は「レジェンド」の名前で売られているし、「NSX」も地域によってはアキュラブランドだったりする。

 日産も、かつて「インフィニティQ45」を国内では日産ブランドで展開したように、現在スカイラインやフーガには「インフィニティ」のエンブレムが付いている。すべてのラインアップではないにしても、高級ブランドのテイストを日本で味わうことはできるのだ。


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 武田・厚労省課長 韓国で逮捕 「韓国人嫌い」空港職員に暴行か
  3. 神奈川知事選 現職と新人の2氏が届け出 県政継続の是非が争点
  4. ドラマ◎NHK 「いだてん」降板、瀧容疑者へ損害賠償請求検討(スポニチ)
  5. 三重知事選 現職と新人の2氏が届け出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです