メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

間もなく発売開始となる新型フォルクスワーゲン・ポロの先行受注を開始

情報提供:カートップ

コンパクトながら先代よりも室内空間は広くなった

 フォルクスワーゲンは、2017年に欧州で発表した人気のコンパクトモデル「ポロ」を、3月中旬の発売に先駆けて先行受注を開始している。

 同社の生産モジュール「MQB」をコンパクトモデルで初採用。先代よりもスポーティさを強調させたエクステリアデザインを採用。ホイールベースで80mm、全幅が65mm拡大したことで、従来モデルよりも広々とした室内空間を実現した。また、ラゲッジスペースも71L拡大し、コンパクトながら使い勝手を大幅にアップさせている。

 新設計の1リッターターボエンジンを搭載。先代よりもパワフルながたら静粛性も高めている。また、ユーロNCAPで5つ星を獲得して安全性も申し分なし。インテリアは、今後のフォルクスワーゲン車が採用していく水平基調のデザインと操作系を一列に配置した新コクピットレイアウトを採用。新世代のフォルクスワーゲンを感じさせる1台に仕立てられている。

 詳しくは新型ポロのティザーサイトをチェックしてほしい。
https://sp.volkswagen.co.jp/newpolo/

※写真はすべて欧州仕様車


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「僕たちの未来がなくなる」 気候変動対策強化求め若者ら東京・渋谷でデモ 

  4. 日本、ロシア破り開幕戦制す 松島快走3トライ 2大会連続白星発進 ラグビーW杯

  5. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです