メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演歌・歌謡ラボ

日野美歌/チェウニ=専門編集委員・川崎浩

日野美歌 平和願い希望持つ

 演歌のシンガー・ソングライターも珍しくない時代になってきた。ただし「演歌の枠組み」の中での作詞作曲の例が大半である。メッセージ性の高い歌詞などはまずない。その狭い谷間を切り開くのが日野美歌である。

 2000年代初めから「歌凜」の名前で作詞作曲を行っていたが、特に近年は平和を願う曲を作り積極的に歌っている。最新作「いのりうた」(コロムビア)も詞曲を書いた。「ニュースを見ても、うそや暴力や災害で満ちていて絶望的になる。でも、愛する人のために希望を持とうという内容」と説明する。戦後70年で発表し話題になった…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 21世紀枠は帯広農、磐城、平田 第92回選抜高校野球

  5. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです