メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年

もう一度、元気してっぺな~ 臨時災害FM閉局へ 富岡弁で全国に発信、ノリオさん復活出演

「みなさんどーも。今日も元気でやっぺなー」。番組の台本を束ねたバインダーを手にする祝穂さん=福島県喜多方市で

 ほんじぇは今日はこんなごどでな。元気出してやっぺど--。東京電力福島第1原発事故で全国各地に避難した町民を励ましてきた福島県富岡町の臨時災害放送局「おだがいさまFM」が、開局6年の今月末に閉局する。ノリオさんの愛称で親しまれ、方言たっぷりで昔話をする人気のコーナーを担当していた町民の遠藤祝穂(のりほ)さん(73)は、病に倒れて降板を余儀なくされたが、閉局を前に最後の収録に臨む。【尾崎修二】

 2冊の分厚いバインダーを大切にしている。収録前に慣れないパソコンで打ち込んだ台本の束だ。「自分で言…

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文976文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです