特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

挑む!

’18センバツ由利工 日本新薬・前田元監督が訪問 投球術を指導 /秋田

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
前田正治さん(右)の指導を受けて投げ込む部員=由利本荘市で 拡大
前田正治さん(右)の指導を受けて投げ込む部員=由利本荘市で

 <第90回選抜高校野球>

 社会人野球の名門・日本新薬の前田正治元監督(60)が3、4の両日、センバツに出場する由利工(由利本荘市)を訪れ、野球部員に投球術などを指導した。大舞台を控える選手たちは、前田さんに質問しながら投球動作を入念に確認した。

 前田さんは、県の高校野球強化プロジェクトでアドバイザーとして活動し、センバツ出場校を決める選考委員も務めている。

 3日は前田さんが見守る中、投手6人が投球練習を行った。前田さんは「(投球動作の途中で)目線が上がらないように」「打たせて取るためには、ストライクを優先することが重要」などと修正点を伝え、捕手の選手たちもメモを取って学んだ。

 前田さんから「甲子園で勝てるピッチャー」と太鼓判を押された佐藤亜蓮投手(2年)は、「アドバイスを受けたばかりでまだぎこちないが、早く打者に投げて試したい」と手応えを感じていた。【川口峻】

次に読みたい

あわせて読みたい