特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

つなぐ

18センバツ国栃 選手紹介/5 渡辺匠投手/野村一真捕手 /栃木

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <第90回記念選抜高校野球>

体幹を鍛え安定感 渡辺匠投手(2年)

渡辺匠投手 拡大
渡辺匠投手

 チームの躍進を支えた「三本の矢」の一人。縦横のスライダーなど変化球を駆使し、冷静に打者を仕留める技巧派の中継ぎ左腕だ。

 以前は調子の波が激しく日ごとに変わるため、「日替わり弁当か!」(福田雅一投手コーチ)と突っ込まれた。しかし、冬の間に取り組んだ体幹トレーニングの成果で安定感が出てきたという。持ち味の変化球を生かすため、今は「空振りの取れる直球」を目指し、球威アップと精度を磨く。

 中学時代は外野手。「投げるよりも打つほうが好き。9人目の野手としての役割も果たしたい」と頼もしい。新潟県新発田市立豊浦中出身。176センチ。68キロ。

投手を盛り上げる 野村一真捕手(1年)

野村一真捕手 拡大
野村一真捕手

 強肩が売りの捕手だが、「キャッチングの音が良くて投げやすい。頼もしい後輩です」(渡辺匠投手)と、ブルペンでの評価も上々。投手の気持ちを盛り上げ、気分よく投げてもらおうと、ミットの手入れを欠かさない。

 小学2年から捕手一筋。大久保謙亮主将(2年)から配球や心構えを学んで守備を鍛えながら、正捕手の座を虎視眈々(たんたん)と狙う。

 一方で、「『捕手として』という気持ちも強いが、まずは試合に出場したい」と本音も。「左の代打」を視野に、打撃練習にも熱がこもる。横浜市立六角橋中出身。173センチ。76キロ。

 =つづく

次に読みたい

あわせて読みたい