メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

埼玉・小川町 忠七めし 鉄舟の「禅」を料理で表現 「日本五大名飯」味わって /東京

割烹旅館二葉の昼食メニュー「花籠膳」。左側のご飯と薬味、急須が「忠七めし」

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産登録で知られる和紙「細川紙」の産地・埼玉県小川町。県中部に位置する伝統工芸の町で、名物といえば江戸無血開城の立役者の一人、山岡鉄舟ゆかりの「忠七(ちゅうしち)めし」だ。料理で「禅」を表現したと伝えられ、「日本五大名飯」に数えられる。考案した「割烹(かっぽう)旅館二葉(ふたば)」(同町大塚)を訪ねた。【山寺香】

 今年で創業270年を迎えた老舗・二葉の本館は、1933年に建てられた数寄屋造りの国登録有形文化財で…

この記事は有料記事です。

残り1075文字(全文1304文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ジョンソン前外相が英保守党新党首に 24日に首相就任

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです