特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

真剣味

センバツ三重高 選手紹介 前出健汰内野手(1年) 「鉄壁」の三遊間担う /三重

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
前出健汰内野手 拡大
前出健汰内野手

 <第90回記念選抜高校野球>

前出健汰(まえで・けんた)

 小学1年のとき、友人に誘われ地元の松阪市の「豊地ソフトボールスポーツ少年団」に入団した。その後、硬式野球を始め遊撃手として活躍した。甲子園の舞台にあこがれ、三重高の門をたたいた。

 三重高では三塁手を任されることになり、昨秋は背番号5を付けた。だが、三塁手に必要な肩は「あまり強くない」といい、全身を使って送球し、弱点をカバーしている。フットワークが良く、小島紳監督は「遊撃手の井上裕斗選手(2年)との三遊間は『鉄壁』だ」と評する。

 この冬の課題は打撃だった。昨秋は実力を発揮できず「納得できるバッティングができなかった」。スイングスピードを上げることを目標に掲げ、素振りに力を入れた。「誰よりもバットを振った」と自負する。

 「全てにおいて誰よりも未熟」と冷静に自分を見つめる。「先輩たちのおかげで手に入れた甲子園。チームに認めてもらえるよう勝利に貢献する」と誓っている。【森田采花】=随時掲載


 ◆座右の銘

「前人未到」

 「豊地ソフトボールスポーツ少年団」を卒団する際に贈られた言葉。「まだ誰も達成していない記録に挑む」

〔三重版〕

次に読みたい

あわせて読みたい