メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

作家ユニット作品展

普段使いの伝統工芸を きょうまで京都 /大阪

テーブルコーディネートをテーマに、それぞれの伝統工芸の作品が並ぶ。右から木下朋美さん、ナカジマミカさん、杉山雅俊さん、井上左弓さん=京都市中京区のしまだいギャラリーで、亀田早苗撮影

 伝統工芸を受け継ぐ作家が結成したユニット「ネクストジェネレーショントラディショナルクラフツD4」の作品展が4日、京都市中京区のしまだいギャラリーで始まった。繊細な技法を生かしながら、日常的に使える作品が展示されている。5日まで。

 D4は、大阪欄間(らんま)の木下朋美さん(47)、奈良・高山茶筌(ちゃせん)の井上左弓さん(65)、静岡・駿河竹千筋細工の杉山雅俊さん(49)らが結成。伝統工芸の展示即売会などで顔を合わせるうち、若い人たちに…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 庄司智春、新型コロナ感染 妻・藤本美貴と3人の子どもは「まだ症状なども出ておらず元気」

  2. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  3. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  4. コロナ「消毒」で紙幣損傷 洗濯機やレンジで 韓国、5億円分交換

  5. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです