メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

作家ユニット作品展

普段使いの伝統工芸を きょうまで京都 /大阪

テーブルコーディネートをテーマに、それぞれの伝統工芸の作品が並ぶ。右から木下朋美さん、ナカジマミカさん、杉山雅俊さん、井上左弓さん=京都市中京区のしまだいギャラリーで、亀田早苗撮影

 伝統工芸を受け継ぐ作家が結成したユニット「ネクストジェネレーショントラディショナルクラフツD4」の作品展が4日、京都市中京区のしまだいギャラリーで始まった。繊細な技法を生かしながら、日常的に使える作品が展示されている。5日まで。

 D4は、大阪欄間(らんま)の木下朋美さん(47)、奈良・高山茶筌(ちゃせん)の井上左弓さん(65)、静岡・駿河竹千筋細工の杉山雅俊さん(49)らが結成。伝統工芸の展示即売会などで顔を合わせるうち、若い人たちに…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 西鉄甘木線で冠水、宮の陣ー甘木間運休 運行再開のめど立たず 福岡

  3. なぜ検察は現金受け取り側を立件しないのか 河井夫妻起訴を可能にした「取引」と執念

  4. 3歳娘放置死 逮捕の母は5月にも交際男性と旅行 日常的に育児放棄か

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです