作家ユニット作品展

普段使いの伝統工芸を きょうまで京都 /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
テーブルコーディネートをテーマに、それぞれの伝統工芸の作品が並ぶ。右から木下朋美さん、ナカジマミカさん、杉山雅俊さん、井上左弓さん=京都市中京区のしまだいギャラリーで、亀田早苗撮影
テーブルコーディネートをテーマに、それぞれの伝統工芸の作品が並ぶ。右から木下朋美さん、ナカジマミカさん、杉山雅俊さん、井上左弓さん=京都市中京区のしまだいギャラリーで、亀田早苗撮影

 伝統工芸を受け継ぐ作家が結成したユニット「ネクストジェネレーショントラディショナルクラフツD4」の作品展が4日、京都市中京区のしまだいギャラリーで始まった。繊細な技法を生かしながら、日常的に使える作品が展示されている。5日まで。

 D4は、大阪欄間(らんま)の木下朋美さん(47)、奈良・高山茶筌(ちゃせん)の井上左弓さん(65)、静岡・駿河竹千筋細工の杉山雅俊さん(49)らが結成。伝統工芸の展示即売会などで顔を合わせるうち、若い人たちに…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文551文字)

あわせて読みたい

注目の特集