メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR西日本

紀伊田辺駅、建て替えへ 熊野古道玄関口に 情緒と重厚さ 田辺 /和歌山

新しい駅舎に生まれ変わる紀伊田辺駅の完成予想図=JR西日本提供

 JR西日本は、5月から紀伊田辺駅の建て替え工事に入り、来春の完成を目指すと発表した。外観は、現駅舎の三角形の大屋根のイメージを残すとともに、世界遺産熊野古道の玄関口にふさわしい情緒と重厚さを感じさせるデザインにした。

 現駅舎は1932年に完成した木造2階建て約420平方メートル。南海トラフ巨大地震で倒壊したり、津波で浸水する恐れがあることから、新しい駅舎・コンコース(鉄骨平屋391平方メートル)と駅事務室ビル(鉄骨3階建て延べ535平方メートル)を整備することになった。

 新駅舎の総事業費は約3億6000万円。市は、景観まちづくり刷新事業の一環として趣ある駅舎の建設をJ…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 女子高生死亡事故で男性に無罪 自転車「予見」に疑い 徳島地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです