メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国家戦略特区法

改正案 自動走行実験、柔軟に 道路使用「許可」を撤廃

 国家戦略特区での遠隔操作型自動走行実験を推進するため、政府が通常国会への提出を目指す国家戦略特区法の改正案の概要が判明した。道路交通法が道路使用者に義務付ける警察署長の使用許可を撤廃し、手続きを省略することが主な柱で、署長らの決定権を特区担当相らで作る「国家戦略特別区域会議」に移して実験の自由度を高めるのが狙い。警察庁と国土交通省は安全に支障が出るとして慎重だったが、署長らの「同意」を条件にすることで内閣府と決着した。改正案は今月にも閣議決定される。(3面にクローズアップ)

 事業者が特区で公道実験をするには、区域会議の認定を受けた上で、使用する道路の区間や日時を警察署に届…

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文877文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

  5. 「いつもより飲める」「働き方改革は…」 大阪・御堂筋線で2時台まで終電延長実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです