メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

自動走行実験 玉虫色の「同意」決着 警察関与、余地残す

 安倍政権が成長戦略の柱に掲げる車の自動走行。国家戦略特区での公道実験を巡り、特区を所管する内閣府と有識者は規制撤廃を求め、安全の観点から関与を残したい警察庁・国土交通省との間で攻防が繰り広げられた。特例措置として規制を緩和しつつも、当局の「同意」を条件にするという玉虫色の決着で折り合ったが、今後は技術革新と安全確保の両立がポイントになる。【杉本修作】

 「法改正をしなければいけないという規定はないが、法改正が前提で考えてほしい」(特区民間委員)

この記事は有料記事です。

残り2394文字(全文2618文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  3. 風知草 韓国に「NO」という意味=山田孝男
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです